2024年2月現在 928カップル掲載中✨

星座相性が良いのに離婚する理由

本サイトのカップルデータや身近な事例を知って、このように思う方がいるかもしれません。

  • 星座相性は最高なのに、なんで離婚したんだろう?
  • 星座相性は良いのに酷い泥沼離婚だったのはなぜ?

筆者の考えるこの疑問の答えは単純に、

どちらかに愛情がなかったから💔

というものです。

星座相性と愛情は全く別の観点

結婚というカテゴリで考えた場合に最も重要な要素とも言える「愛情」

星座相性が良いのに別れるカップルは筆者の知る限り「最初から愛情がなかった」という例が多いように感じます😅

「いやいや、最初はすごくラブラブだった❗️」

と見えることも多いのですが、男女のどちらかが「これが愛情だ」と思い込んだまま結婚に至っている、というのが星座うんぬん以前の問題のようです。

「外見」「肩書」「資産」「年齢」「世間体」など愛情以外の部分でお相手を選択することもあり、純粋に愛情だけで相手を選択している人というのは、意外にも少ないというのが実情だと筆者は考えています🤔

どんなきっかけであっても、後に本物の愛情💖に変わればもちろん最高なのですが・・。

「愛情」の定義は人による

そして「愛情」の定義というのは人それぞれです。

ドキドキする「恋愛感情」を愛情と思う人もいれば、心が平穏になる「安心感」が愛情とする人もいます。

そこで、星座の相性という観点で「こういう愛情がなければ星座の相性が良くても難しいな」と思うものを上げてみると・・

  • 相手のそのままを受け入れて好きでいられるか(嫌な所も含めて)
  • その人以外にありえないという感覚(条件ではない)

を今回あげてみます🤔

相手のそのままを受け入れて好きでいられるか

やはり「相手のそのままを受け入れる」というのは、距離感が近づくほど重要なポイントですよね。

「ここを直してほしいな・・」と思う時点で、相手を受け入れることができていないことになります。

星座相性以前に本当に結婚しても良いのかどうか考えるポイントになりそうです。

その人以外にありえないという感覚

そして説明が難しい「その人以外にありえない」というのは、行動でわかる部分でもあります。

たとえば男性なら「浮気をしない」

女性なら「恋愛(夫)以外を優先できる」

といった感じでしょうか。

男性は、そういう女性に巡り会えない限り「浮気」という行動を制御するのは難しいのだな、というのが様々な身近なカップルを見てきた筆者の結論です。

また、恋愛・夫に依存している女性は「自分を大事にしていくれる人」であれば誰でも良かったりします。

もちろん、本人は「誰でも良い」なんて思っていないのですが、実際にそういう状況が訪れると簡単に心替わりする場面を数多く見てきました。

女性の場合「その人以外にありえない」という男性と結婚すると、夫への依存が適度になくなり、不安のない状態で子供や仕事、趣味などに意識が向かいやすいのです。

端的に言うと女性に不安を抱かせる要素を素で持ち合わせていない男性、とも言えそうです。

星座相性が良い場合、この点をクリアできる可能性は実際に高まります。

しかし、星座相性が良いからと言って「ちょっと不安なこともあるけど相性が良いから大丈夫!」と結婚を進めてしまうと、残念な結果になることも、もちろん多くあります。

真の愛情は奇跡的

お互いに「この人だ」と思い合える出会いがあり、恋愛・結婚するというのは、筆者としてはかなり奇跡に近いなと思わずにいられません😊

さらに星座相性が良いならそれはとてもラッキー⭐️な事だと言えます。

筆者は星座占いを趣味としていますが、恋愛相談を受けることが多かったことや自身の成功・失敗経験から男女の恋愛脳や価値観の違いについても勉強したことがあります🤓💦

そんなことから、星座相性と男女の違いをかけ合わせた考えをするようになりました。

このサイトの星座の組み合わせが男女で分かれているのも、それが理由です😄

相性が良いのに離婚する理由は?

簡単に結論すると、相性が良いのに離婚するカップル

「愛情がどちらかに無いので、相性が良いばかりに相違や不誠実感がより際立ち、受け入れることができなくなる」

という流れが考えらます。

更に泥沼化😱する要因も、相性が良いと「良い思い出」が強すぎて執着になり、納得出来ないという気持ちがより強烈になってしまうからでは、と推測します。

相性が悪い場合の離婚の特徴

それこそ、相性が悪いカップルの離婚は、最終的にわりとすんなりしている例が多く見られます。

愛情がない上に「人間同士として合わない」のだ、と心から納得できるので、自然に相手への興味を無くしてしまうようです。

もちろん、そこに至るまでに悲しい思いや絶望を抱くのは誰でも同じですが、後を引くかどうかに違いを感じます。

逆のパターンで「相性が悪いのに長続きするカップル」

「愛情がお互いにあるので、相違を感じても受け入れる努力ができる」

と言えそうです。努力どころか、相違をプラスに変えていくカップルも見られますね。

自分がどうしても譲れない信念の相違など、致命的なものさえなければ、相性が悪くても末永く仲良く出来る可能性は充分にあると筆者は考えています。

皆さんのご意見はいかがでしょうか❓

他の占いコラムも見てみる

💡各星座・血液型のカップルデータは上部メニューから

※コラムには筆者個人の見解が多分に含まれています。参考程度に捉えてもらえたらと思います。筆者「Sami」についてはこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントをどうぞ

コメントする

CAPTCHA